マントルのことやプルームなどについて学業

地殻などについて習得をしました。速くなる境界があり、それより奥深い部分は固体であることがわかっています。液体のスポットを外側源泉、固体のスポットを内源泉といいます。密度分布がわかれば、地球室内を構成するものが何であるかを推定することができます。地球の中心部にメタル源泉が存在するやり方は、金星など他の地球フォーム惑星にも共通するものです。P流行は外側源泉とマントルの境界で屈折するため、地表にP流行の影の部分(シャドー界隈)ができます。一般に地震流行の連なる速さがのろい部分は気温が激しく、密度が薄く、地震流行の分かる速さが手早い部分は気温が低く、密度が大きい事だ。マントルは固体の岩石からなりますが、長くをかけてゆっくりと流動することができるので、マントル以下の密度の少ない部分は上昇し、密度の大きい部分は降下します。マントル本編に関係する大面積な流れはプルームとよばれます。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。