物語のりんご早食い大会後半からの話などをさらにします

主人公たちより、さらに、早い選手が、少ないながら、何人かいる状態にあります。主人公の仲間内の、心の中として、これもサブイベント的なものなのであるし、そんなに、意地に、なったりして勝たなければならないというほどのものではないのかもしれない、いや、かもしれないではなくて、実にその通りだと思うメンバーも少なくありません。心で、意地でも勝ちたいなどと、思う時もあるのですが、そのために、まず良い結果を、出したいから、努力をしてとか、いろんなことがあったりもするのですが、だからといって必ず維持になれば、何事も、勝てるとは、言い切れません。後半から、やがてリンゴ早食い大会の終了の時間をむかえ、数量をカウントする役割の、キャラクターも、もちろん居て、その大会においての、最終の数量の数が、数字となって表現されます。おおよそのとこは、主人公たちも、聞かなくても、分かるのですが、細かいとこは、良く分かりません。優勝者は、アルト二—ルドスファントの8つで、優勝となり、大会が終了します