私も維新足立議員の進次郎氏に対する意見に同感です

維新の名物議員、足立氏が小泉進次郎氏に対して失礼にも「アホや」と発言してますがあながち的外れではないと思います。
なぜかというと進次郎氏の提案した子供保険に関して多くの経済評論家が単に増税なのに保険というには可笑しいとか、それを保険というからには法に触れる可能性もあるなどといったコメントが聞かれるからで、進次郎氏は子供保険の意味が良くわからないまま誰かに頼まれその話をしているようにしか思えません。
ですからそうした不見識な人物にもかかわらず最近色々と事あるごとに何かについてコメント求められては、さも知った顔でしゃべってるの見ると、やっぱりこの人頭悪いんじゃないの?と私のような素人にまで見えてしまうのでした。
最近も小池都知事は衆院選に堂々と出て戦うべきだなどと挑発的な発言を繰り返していましたが、東京都民がどういう気持ちなのか考えて発言してるようには到底思えないし、この人も自分の選挙区以外のことは所詮はどうでもいいというスタンスなんだろうという気がしました。
そうした人気先行の議員が自民党では大臣候補になったり将来の総理候補としてもてはやされているのですから、
現状は人材難なんてものではないことがハタからも透けて見えるわけです。