高校生の静けさは、親の好みによるところが大きいです

社会も、学生の質がいいので、それに甘えすぎているところも多いのです。もちろん、金融緩和で景気が良くなっているということもあるでしょうが、高校生が、まともになって、しゃかいがあんていしているということは大きいのです。なぜならば、高校生に手がかからないので、ほかの問題が見えてくるのです。ニュースになるのではないかといわれると思いますが、それは、数が少ないので、発見しやすいということではないかと思います。以前は、もっと数が多くて、見えにくく発見しにくかったのではないかと思っています。数が多ければ、手が回りませんから。今は、数がすくないのだと思います。
この高校生の静けさは、親の好みによるところが大きいのです。だから、この世代を大事にしておかないと、すぐに、混乱世代がやってきてしまうのです。こちらも親の好みです。
今、こうこうせいが子供の頂点として、落ち着いているので、下の子供たちも静かなのだと思います。