スマホのGALAXYS4をヤフオクで狙っているのですが新品なのにやたら安いのがあったのですがそれは海外版と言われるSIMフリー端末なのでした。
なぜそんなに安価なんだろうと疑問に思ったのですが、ふと海外版なのでワンセグが見られないのではと、気になったのでネットで調べてみたところやはり海外版には搭載されていませんでした。
外国でワンセグ放送している国があるかどうかも知りませんが、日本のテレビの電波に対応したシステムですから海外版には搭載されていないのが普通なわけで、
それに気ずくと安い理由がすごくわかりやすかったです。
今でもS4は型落ちの新古品でも中古ショップでは大体2万〜4万は平気でしますので、オークション終了まで5分を切った時点で新品同様品が12000円だったのを見た私は最終入札者になれるのではないかと思い、入札ボタンをポチル寸前までいったのですが思いとどまってほんとによかったです。
ただ新しければ良いというものでもないことを今回の件で学んだことは大きかったような気がします。

徐々にXboxONEの新型のXboxONE Sがリリースになりますが、驚いたのは仕様は随分貫くという会社でした。容量は驚くほど違いますが基本は何も貫くとなると、容量だけ変え基本を同じにすることのほうが難しそうな思いさえして来ます。
容量は現行機会の半分以下になり大幅にコンパクト化されましたがそれ以外の仕様は同じだというのですから多少の損傷は隠せません。
あたしは容量がコンパクトになっただけでも可がはたしてリーダーが喜びそうなのは翌年リリース予定のプロジェクト・スコルピオという、誇大な冠がちょこっと気になる新型からに達するのでしょう。
その型からは明らかに優位なインターネット作用を除く基本でも追伸4と互角に競り合えるだけの物質になりそうです。
コンパクトになったのに余りにコスパがよさそうに思えた意義がなんとなく行き渡り、僅かやる気が下がりかけましたが、私のような依然360からトライできないリーダーにとってはデカい容量の現行機会でも潤沢楽しめますから皆目当たりまえし、Sのリリースにより現行機会の暴落に拍車が罹りそうで考えが膨らむばかりだ。

小池東京都知事の話題がまた今日ニュース番組で取り上げられている。
まあよく話題がつきないものである。
新しい政策ではなく、過去に決まったものに文句をいい、見直しという口実で排除しているように見える。
今回は、東京ブランドについてである。
舛添要一氏が取り入れたものであるが、確かにダサい感はある。
あんな格好で、外国客に接するのかと思うと変えてみたくもある。
日本人は著名な人が選んだものを扱うことが多い。
役所は特に自分たちが選んだのでは何かと後々の対応に苦慮するために、有識者の会議をもって、決めることがある。
それぞれの分野の著名人を集めて、そのトップ座長に大学の専門家を付けることが多く、例えば、新国立競技場の案の選考であっても同様な方法をとる。
誰もが文句の言えない状態が大事なのである。
今回も多くの著名人がいろいろな意見を述べたのでこうであるといった具合である。
この出席者は無償のボランティアではないと思われる。
いくらかの謝礼を払っているので、東京都はいろいろな会議で多くの費用を費やしているのである。
もっと効率のいい事務執行はできないのであろうか。

スマフォのマンガサイトにはまっていました。
ほとんどマンガを読むことはありませんでした。ただ、ワンピースは子供が読んでいることもあり、一緒に読んでいました。そんなとき、無料のジャンプのアプリがあったので、ワンピースを読み出しました。
その後、ワンピースのアプリが始まり、1週間に1話から、毎日1話に変わりました。そして、今では、ナルトのアプリで、こちらも毎日1話を読んでいます。さらに、他のアプリもダウンロードして、いろいろ読み出しました。
マンガっておもしろいですね。最近では、1日30分も読んでいます。寝る前のリラックスの時間です。それも、無料で読めるなんて、最高です。
でも、やっぱ読みすぎです。いい大人が、1日30分もマンガに。ビジネス書とは言いませんが、読書しなければ。
そう思い、今日、他のアプリを削除しました。今日から、ワンピースとナルトだけにして、読書でも始めようと思っています。といいながら、今日は読書する本はないので、早く寝るだけになると思いますが。

本日、時間に隙間があった『富魑魅魍魎』という画像を見てきました。株価を扱う娯楽TVに銃を有するパパが乱入し、司会ヤツを人質に取った上で株価が意図的にタスクされていると主張します。最初は熱情犯かと思われたのですが、TVのクルーが調べていくと、間もなくパパの言うことが特質であることが暴かれていきます。講話の展開としては無難ではありますが、一部の個人によってお金が動かされ、善良な人々の運命がおかしくなってしまうという資本方針・資本住まいのエキサイトを賢くまとめ上げてある画像だったと思います。なんだか近い将来に同じことが生ずるのではないかとでっちあげるほどのリアリティーのいる画像で、久しぶりに大きな衝撃を受けた画像でした。別に、文章の後に広がる世界のトップクラス1%に属する人達を模して歌われるラップは、社会ではたらく全ての人が敢然と耳を傾けて、自分がいる情勢を把握するべきだと感じました。資産に動かされるか、人として通じるのか。きつく掘り下げれば掘り下げるほど、多くのことを考えさせられる画像だ。銀座カラー 顔脱毛